✴︎INDIBAとハイパーナイフとハイフ✴︎

ご来店してくださるお客様からいただくご質問でダントツで多いのが
「インディバとハイパーナイフ・ハイフの違い」です。

違いを簡単にいうと、施術時に電極板をはさむかどうか。
インディバ → はさむ
ハイパーナイフ → はさまない
です。

もう少し専門的に言うと
はさむインディバ → モノポーラ式
はさまないハイパーナイフ → バイポーラ式
となり、どちらもラジオ波・高周波で電磁波の一種。
特に0.448MHzという周波数は、インディバが国際特許を取得している
唯一無二の高周波で、ハイフにはない特徴となります。

この電磁波を肌に当てると体内の分子が振動します。
それにより体内にジュール熱が発生し、基礎体温の上昇・内蔵脂肪も含めた脂肪燃焼、
冷え性の改善などの効果が得られるというわけです。

モノポーラ式のインディバは、このジュール熱が
エレクトロードと電極板の間を通電することで発生します。
+と-の器具が別々なモノポーラ式は、電極が離れているぶん
広範囲に作用することが出来、
CAPモードで皮下2cm程度、RESモードでは皮下5cm程度まで
深部加温が可能となります。

一方バイポーラ式のハイパーナイフは先端の金属部から電磁波が流れ、
またもう一方の金属部へと電磁波が帰っていくことで熱が発生します。
加温できる範囲はモノポーラ式と比べると浅いですが、
その分ピンポイントで脂肪を燃焼することができます。

そしてラジオ波ではないのですが、近年大注目&大人気のハイフ。
こちらはそのよく似た名前のせいでハイパーナイフの短縮名と
勘違いされてしまうことも多々あるのですが、
ハイフは超音波。
効能・特徴がまったく異なります。

これをふまえたうえで、インディバとハイパーナイフ、さらにハイフの違いを簡単にまとめると

●インディバ
・高周波機器
・広範囲にジュール熱を発生し最大皮下5cm程度までの深部加温が可能
・体内熱を発生させることで血液・リンパ液の循環を促進
・国際特許を取得した唯一無二の周波数0.448MHz
・即効性もあるが体質自体を変え、体型より体重が減るイメージ
・基本的に禁忌事項がなく、どなたでも安心して受けられる
・痛みはない
・施術の間隔・時間に制限なし
※当サロンでは妊婦様、ペースメーカー電子インプラントを装着されたお客様、
血栓性静脈の方への施術は行うことができません。

●ハイパーナイフ
・高周波機器
・ヘッドが当たる部分のみ皮下2cm程度加温される
・電極板を使用しないため、体勢を自由に変えながらの施術が可能
・「あたため」と「つぶし」のダブル効果が期待できる
・部分痩せ・ピンポイント施術にオススメ
・体重より体型が変わるイメージ
・禁忌事項あり
・痛みはない
・施術の間隔・時間に制限あり(最低3日は空ける必要あり)

●ハイフ
・超音波機器
・皮下組織、SMAS筋層に作用
・焼いたお肉が縮む原理でリフトアップさせることが可能
・禁忌事項あり
・痛みがある
・施術の間隔・時間に制限あり
(エステ施術の場合お顔で3週間~月1回、クリニック施術【医療用ハイフ】の場合3ヶ月~半年に1回)

インディバは部分的なサイズダウンを目指す、というより
続けていくことで基礎代謝をUPさせ
痩せやすい体質になることで最終的にダイエットに繋がるイメージです。

どちらにせよどんなに優れたマシンをご使用になられたとしても
カラダの基本が整っていないと効果が半減したり、
持続期間が短くなってしまったりします。
これではお金と時間がもったいないです!

オススメはインディバをベースとした併用。
お互いの特性を補い合い、相乗効果も期待できます♪
当サロンにはハイパーナイフ、ハイフの取り扱いはありませんが
ぜひ日頃のカラダのメンテナンスとして、息抜きとして
ご来店いただけますと幸いです♪( ´▽`)

いろんなサロン様の良いとこどりで
ぜひ理想のBODYを現実のものにしてくださいね♡

関連記事

PAGE TOP